ふくしまの「味」を食卓へお運びします。

komeソムリエが、お客さま一人一人に見合ったkomeをご提供します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家直送米の怖さ!

2008-10-27-Mon-17:40
たった今『精米してください』との注文が入り

玄米預かって精米してます。

まあ、ここまでは普通の流れなんですが、精米していると・・・・・

『ん!!!!!』

『あれ・・・・割れてる!』

カルトン持ち出して玄米鑑定してみると・・・・

「胴割れ米発見!」それもほぼ全て。

完全に規格上では等級外。

農家さん全てを否定するわけではないですが

農家さん直となれば検査するわけではないし仕方ないです。

今回の方はハズレクジ引いたと思うしかないですね。。。



このような米は実際流通している訳だし

『米』って、おおまかに言ってしまいますが

実は奥が深い生鮮食料品であって何の為に検査というものが存在するかを考えれば

この方のようなハズレを引くことはありません。

農家直送。本来は素晴らしい事ですが、中にはこのような米を

あたかも検査1等として商品化している農家さんもいるので気をつけてください。



語の説明

※胴割れ米=米粒にひびが入っており精米の際割れる米

↑農産物検査員が鑑定しての話です。

限界基準というのもがありますので全てに当てはまる訳ではございません。

また、精米は人によって白度が違いますから全てに該当しません。


最後に。。。

農産物検査員のいる米屋さんから精米を買うのが一番良いかと思います。

というのは『米』を知ってるからです。

米屋さんは米を扱いますが、あくまでも『ご飯』では無い事は確かです。

米をおいしいご飯にする方法も教えてくれます。



スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。