FC2ブログ

ふくしまの「味」を食卓へお運びします。

komeソムリエが、お客さま一人一人に見合ったkomeをご提供します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆知識 1

2007-04-13-Fri-12:40
はかなく、短いお米の花の命

お米の花を見たことがありますか??
目にしたことがある人は少ないと思います。

お米の花は、花びらにあたる部分はなく、雄しべと雌しべを緑色の
殻が直接つつんでいます。
この殻が開いて10分~20分経つと6本の白い雄しべと雌しべが
顔をみせます。

伸びた雄しべが花粉を撒き雌しべについて受精が完了すると、殻は
雄しべを外に残しすぐに閉じてしまいます。

お米の花の命は短く、わずか2時間というはかないものですが
しっかりと実をつけてくれるのです。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。